DX を起こすのはあなた

(出版予定の書籍の目次です。Rindrics 拝)

目次

はじめに

第 I 部: 「ソフトウェア開発者」としての自覚

いっそのこと、思い切って言ってみてはどうかと思う。 僕らノンプログラマって、実は「ソフトウェア開発者」なんだ。

…more

第 II 部: 知識編

「ソフトウェア開発者」としての自覚が芽生えたところで、つぎはソフトウェア開発者たちの働き方について知ってもらう。 ただし、彼らのやり方はけっこう極端で、僕らがすぐに日々の仕事に取り入れられるものは少ないかもしれない。 でも、ここでの目的はできるようになることではなく、視野を広げることだ──どうせ座学するなら、中途半端はよくない。 そういった意味では、まずは安心して読んでみてほしい。 「自分にもできる」と現実的にイメージすれば、いずれほんとうにできるようになる。

継続的インテグレーション

顧客が欲しいのは、誠意の込もった謝罪ではない。 不具合のない製品だ。

…more

トヨタ生産方式

DX という言葉に飛びつく前に、まず知的労働者が知っておくべき概念がある──トヨタ生産方式だ。

…more

リーン原則

ウォーターフォール開発とアジャイル開発

よくある問題とその解決策──少しレベルの低い話

人間は「できる」と思うとできるようになる。 オリンピックの新記録が立て続けに更新される現象も、これと関係しているんだ。 僕らノンプログラマも、「もっとよい働き方ができる」と思えば、それまでの限界を超えられるはずだ。

…more

第 III 部: 気づき編

第 IV 部: 習慣編

引用文献

索引

コラム