自分で薪を割れ、二重に温まる

/images/axe_wood.jpg

Chop your own wood, and it will warm you twice.

──Henry David Thoreau

示唆に富んだ言葉だね。


米フォード・モーターの創設者: ヘンリー・フォードの言葉とされることが多いけど、フォード自身、ソローの言葉を借りているみたい1。 僕はこの言葉にとても共感するんだ。


作業を自動化するためのツールを作れば、もちろんそのツールは仕事に役立ってくれる。 短絡的な成果主義者から見れば、ツールの効果はこれで終わりに思えるのかもしれない。 でも大切なのは、ツールを作った「経験」が、僕らの頭の中にぼんやりと残ることじゃないかな。 次に何か作るときには、もっと早く・うまく作る事ができる。


目の前に積まれた仕事を片付けるためには、手作業のスピードを上げるという方法も、確かにある。 でもそこに、個人としての学習や成長はないよね。


かんたんなもので良いから、自動化ツールを作ってみるのはどうだろう。 じつはこの小さな一歩は、終わりのない旅の始まりでもあるんだけどね。 でも、生き方すら変えてくれる第一歩だと、僕は思うな🕺


  1. 「ヘンリー違い」だね。フォードはこの言葉を、暖炉の上に掛けていたらしいよ(cf: StackExchange 上での議論↩︎